お店からのお知らせ

ホーム

メインメニュー

 
各工程の職人たちの情熱を1本の傘へとまとめ上げるのが「加工職人」
傘の仕立ての美しさは全てこの工程により決まります。
職人たちの想いをまとめ上げる重要なパートと言えます。

 

生地を裁断するための型は、それぞれの傘に合わせて物職人自らが木材を切り出し作ります。

ミリ単位での調整を繰り返し、理想とする美しい傘づくりを目指します。

古くから傘生地の縫製に使われてきた単環縫いミシンは、現在生産が終了してしまっています。
先代の職人の元で半世紀以上使われてきたミシンを譲り受け、現在の傘づくりを支えてくれています。

シンプルな動作故に、縫い上がりまで気を抜けない仕事が求められますが、だからこそ職人の勘と技術を注ぎこめるとも言えます。

 

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

 

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
20197
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
20198
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 今日    定休日    イベント 

定休日に頂いたご注文・お問い合わせは、定休日明けの対応となります。